アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

トレーニングの分割法

      2015/04/14

e5bdf64bddc80d4eb81dd3c7265ac7dc_mトレーニングを真面目に続けていくと、だんだん負荷が重くなって来たりメニューも増えてきたりして大変になってきます。一日で胸、足、背中など全身を鍛えるとなると、時間がいくらあっても足りないし、疲労もかなり蓄積されます。そんな時は体の部位ごとにトレーニングを分割して行いましょう!

具体的な分割方法

最初は全身を2~3分割してトレーニングを行いましょう。基本は上半身と下半身のトレーニングに分割します、それでも時間が足りなかったり、疲労がたまるようでしたら上半身を腕と胸、肩と背中など大きい筋肉+小さい筋肉分けて3分割にしてもかまいません。これを月、水、金は上半身のメニュー、火、木は下半身のメニューといった具合にトレーニングする日を変えていきます。このやり方は「スプリットルーティン」と呼ばれ、多くのアスリートやボディービルダーが採用しています。

このようにトレーニングを分割して行えば、疲労の蓄積も最小限で抑えられますし、ダラダラと長い時間トレーニングをしなくてもいいので質の高いトレーニングが行えるようになります。

トレーニングの順番

分割法でより効率的にトレーニングを行うためには、トレーニングをする順番も重要になってきます。たとえば、胸板を厚くしたいと思っていて胸を重点的に鍛えたい場合、先に腕のトレーニングをしてしまうと、肝心の胸のトレーニングの際に腕に力が入らずに、胸のトレーニングで重要なメニューのベンチプレスやダンベルプレスなどがきちんとできなくなってしまいます。

この様な事態を避けるためにトレーニングは大きい筋肉→小さい筋肉の順番で鍛えていきましょう。上の例だと腕→胸、背中→肩といった具合です。そうすれば主要な胸や背中は疲労がない状態でトレーニングができるので、十分に追い込んだトレーニングができます。腕や肩などの小さい筋肉は、胸や背中などのトレーニングで付随して使われることが多いので、あまり重い負荷をかけずに、しっかりとフォームを確認しながら、使用している筋肉を意識してトレーニングを行いましょう。それでも腕や肩を重点的に鍛えたい方は、腕のトレーニングだけの日、肩のトレーニングだけの日を作って集中してトレーニングを行うことをオススメします。

さらに、胸や背中、足など大きい筋肉を鍛える際は、複合関節種目→単関節種目の順番でトレーニングをおこないましょう。複合関節種目とは、ベンチプレス、デットリフト、スクワットなど主要な筋肉以外に付随して使われる筋肉が多い種目、単関節種目とは、ダンベルフライ、ラットプルダウン、レッグエクステンションなど主要な筋肉以外にあまり使われる筋肉が少ない種目のことを言います。

複合関節種目は使われる筋肉が多く、その分疲労がたまりやすいためこの種目を後に持ってきてしまうと十分に追い込んだトレーニングができなくなってしまいます。最後まで追い込んだトレーニングをするためには、ベンチプレス→ダンベルフライといったように、複合関節種目→単関節種目の順でメニューを組んでいくと、きっと満足のいくトレーニングの成果が得られるはずです。

 

 - 筋トレ

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

足の疲労回復を早くする方法

ハードなトレーニングをした後や、長距離を走った後、慣れない運動をした後に足がパン …

筋肉の減少を抑えるサプリメント

過酷な減量が必要なスポーツでは、ダイエットにより多くの筋肉が失われてしまいます。 …

体幹トレーニングを見直そう

巷ではすっかりお馴染みになった体幹トレーニングですが、正しい認識でトレーニングで …

ミオスタチンを操作して自在に筋肉を作ることが可能に!?

筋肉を太く、強くするためにはハードなトレーニングと適切な栄養摂取が欠かせません。 …

関節痛の軽減、予防にはグルコサミン

グルコサミンは軟骨組織を構成しており、軟骨が分解されるのを防ぎ、すり減った軟骨を …

身体の歪みを改善する方法は?

現在ダイエットやフィットネス業界で注目されているテーマに「身体の歪み」の改善とう …

効果的なバルクアップ・プログラム

ジムに行く目的は人それぞれですが、多くの人がより大きく、機能的な筋肉をつけたいと …

トレーニングプログラムの3要素

いざトレーニングを始めてもどういった目標を立てるか、どういったメニューを組んでい …

女性らしい美脚を作り出すためのコツ

女性の体のパーツの中で露出が多いのが脚ですが、この脚を鍛えることで、同性にも異性 …

分厚い胸板を手に入れる方法

男性ならだれでも憧れのある厚い胸板。これからトレーニングを始めようとする方でも、 …