アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

腹筋を追い込むための重要なポイント

   

07048fff7a534ad1ac8f6cb222750cd3_sダイエットで腹筋を鍛えることは、誰しもが知っている当たり前のことだとは存じますが、多くの方がお腹周りの筋肉をトレーニングで効かせることができていないのが現状です。今回はお腹の筋肉を追い込み、効果的なトレーニングでいかにお腹周りの脂肪を燃焼できるかについて解説していきたいと思います。

 

 

腹筋を鍛えるためにはスロートレーニングが効果的

腹筋を鍛える前に、まずはスロートレーニングについて解説させてください。スロートレーニングとは筋肉の動作をゆっくりにすることによって、筋肉を追い込みやすくするための手法です。

この方法を使うことによって重量の重たい器具を使うこと無く、乳酸をため込むことによって筋力の弱い人でも手軽に強度な筋肉トレーニングを行なうことができるのです。そのため今流行の高価な腹筋マシーンなどを購入する必要がなく、コツさえ掴めば自分の力だけで腹部の筋肉を鍛えることができます。

 

 

スロートレーニングのやり方

ではこのスロートレーニングをどのように腹筋に取り組めばいいのかといいますと。ただ腹筋の動作で状態を上げるのに3秒、下ろすのに5秒の時間をかけるだけです。要は普段の腹筋一回にかかる時間の数倍の時間をかければいいということです。言葉で説明するのは簡単ですが、実はこれがけっこう難しいです。

スロートレーニングの問題点として筋肉に高負荷をかけて追い込むことが難しいというのがデメリット言う点がありますが、その分、軽い負荷や自分の力だけでトレーニングをするので怪我をしにくいというメリットがあります。

ですので、デメリットがあるから、諦めるのではなく自分である程度感覚がつかめるまで腹筋の動作をゆっくりと動かすように意識してください。ここで間違っても腹部の筋肉以外の筋肉を使ったり反動を使って行わないようにすることです。必ず限界回数まで腹部の筋肉を使って行なうようにしましょう。

セット数は2セットから3セットが目安ですが、セット数に拘る必要はありません。頻度は週に2~3日程で十分です。筋トレダイエットには休息も必要です。そういった意味でも週に2~3日トレーニングを行うのが最も妥当な日数だといえます。筋肉トレーニングは筋肉の使い方を意識するだけで質が大きく左右されます。

始めの内は難しいかもしれませんが、ぜひ腹筋のスロートレーニングを頑張ってください。

 - エクササイズ, ダイエット

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

グレープフルーツはダイエット効果が満載の果物

果物がダイエットに適しているのはご存知の方も多いと思いますが、そのなかでも特にダ …

スリムな体を目指すための8つの習慣

お腹の周りの贅肉をつまみながら、「痩せないとなぁ、、、」と思っている方も多いと思 …

辛い更年期症状を吹き飛ばす方法

女性はだいたい40歳~50歳の間に多くの女性が更年期障害に悩まされます。しかし、 …

男性にオススメしたいダイエット法

社会人になると運動をしなくなり、またお酒の付き合いが必ず増えるためどうしても体重 …

低カロリーなおからこんにゃくでダイエット

夏も近づき本格的にダイエットを開始する方も多いのではないでしょうか。痩せたいけど …

女性の美の秘訣はタンパク質にあり

近年のダイエットブームで抗酸化物質の含まれる野菜や果物、栄養価の高いスーパーフー …

大豆製品のダイエットと健康効果

大豆は日本人が古くから利用してきた食品です。味噌、ゆば、納豆、豆腐、醤油など日本 …

トマトがダイエットによい3つの理由

トマトがダイエットによいと一時期ブームになりました。しかし、トマトにはダイエット …

夜バナナダイエットでやせる理由

バナナはダイエットや筋トレに効果的な果物であるということが公表されてから、ずいぶ …

糖質オフダイエットで気をつけたい3つの事

30代頃から新陳代謝が徐々に低下することで、お腹周りに脂肪がつきやすくなります。 …