アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

主食を豆腐に変えてダイエット

   

c8611581dd6aec11ee7beed374c7f5af_s低カロリーで高タンパクなダイエットによい食品が日本の伝統的な食材の豆腐です。最近では海外でも豆腐のヘルシーさが話題になり、豆腐料理専門店なども出現しています。そんなヘルシーな豆腐ですが、水分が多いので少量でも満足できます。では、どのように毎日の食卓に取り入れればよいのでしょうか。

 

●やり方

主食となる、ご飯やパンの代わりに豆腐を食べます。絹ごし豆腐は100gあたり60kcal程度で、同じ量のご飯は168kcalもあるのに比べて低カロリーです。ご飯やパンなど主食の代わりにすれば、大幅に摂取カロリーを減らすことができます。

見た目が白くてご飯に似ているのもよい点です。木綿豆腐をよく水切りしてパラパラになるまでフライパンで乾煎りすれば、水分が飛んで美味しさが増し、食感がご飯に近づきます。

 

 

●どうして豆腐がいいのか

糖質を摂りすぎると血糖値が高くなって、肥満の原因になるインスリンが大量に分泌されます。インスリンによって取り込まれた糖が使われずに余ると、脂肪細胞に蓄積します。ご飯やパンは糖質が多く血糖値が上がりやすいので、食べ過ぎは肥満につながります。

豆腐は低糖質な食品です。血糖値を高くしないのでインスリンの分泌を抑えることができます。
ダイエットをするとカロリーが高い肉や乳製品を控える傾向があるので、タンパク質が不足してしまいます。不足すると筋肉が減って基礎代謝が下がり、太りやすくなってしまいます。
豆腐は低カロリーで高タンパクなダイエットによい良質なタンパク源です。タンパク質をしっかり摂ることで、筋肉がついて基礎代謝が上がり太りにくくなります。

 

 

●注意点

豆腐だけでは食物繊維や他の栄養素が不足してしまうので、野菜や海藻も一緒に食べましょう。野菜はほうれん草や小松菜など色が濃い野菜がおすすめです。色が濃い野菜には食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。野菜や海藻とサラダにしたり、味噌汁に入れるなどできます。

豆腐は身体を冷やす性質があるので、冬場は体が冷えてしまうことがあります。体温が下がると代謝が低下するので、体が冷えないように湯豆腐にしたり、温める働きがある生姜を添えるなどして、冷えないように工夫しましょう。

 - ダイエット

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

人工甘味料はダイエットに有効か?

最近は0キロカロリー飲料や、カロリーオフをうたったデザート類が数多く発売されてい …

夏こそ水泳でダイエット

ダイエットを考えている方なら、一度は水泳にチャレンジしたこともあるかもしれません …

男性必見!忙しくて時間がない方。これなら出来る簡単ダイエット。

最近は長時間の仕事や残業などで血液の循環が悪くなったり、仕事のストレスで週末はや …

冬でもカラダを冷やさないスムージーは?

ダイエットや美容によい飲み物がスムージーです。しかし、寒くなってくるとスムージー …

女性の美の秘訣はタンパク質にあり

近年のダイエットブームで抗酸化物質の含まれる野菜や果物、栄養価の高いスーパーフー …

有酸素運動VS筋トレどっちがダイエットに効果的?

ダイエットをしている人においては、運動する方法として有酸素運動がメインであると考 …

チアシードはダイエットの強い味方

最近話題になっているスーパーフードと呼ばれる食材ですが、いろいろな種類があってど …

「カラテ」スタイルのダイエット

ダイエットをするなら、身体を動かすことと、食事の摂り方を工夫する必要があります。 …

納豆を食べてプチ糖質オフダイエット

ダイエットの基本は「消費カロリー以内に、摂取カロリーを抑える」という事です。具体 …

美容にもよい!?チョコレートの意外な効果

ダイエットの基本は3食バランスよく食べることと間食をしないことです。しかし、どう …