アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

フリーウエイト対マシーン筋トレに有効なのは?

   

51f797da992804cfb85fb89f486b321c_sジムでトレーニングを行っている人の場合、フリーウエイトとマシーンのどちらで鍛えたほうが効果的なトレーニングができるのか悩んでいる人も多いと思います。フリーウエイトは初心者にはなんだか敷居が高いし、マシーンはいつも混んでいて使えない。なんて悩みを抱えている方も居ると思います。今回はフリーウエイトとマシーンの特徴をふまえて、どちらが効果的なトレーニングができるのか検証していきたいと思います。

 

 

フリーウエイトのメリット

フリーウエイトでトレーニングを行うと、ウエイトを安定させ、起動をうまくコントロールしなければならない為、補助的な筋肉や体幹部の筋肉も同時に刺激することが出来ます。したがってより多くの筋肉が動員され、筋肉のサイズアップが期待できます。

さらに、フリーウエイトは動作が制限されないので、様々な動きに対応できるので自分の筋肉や骨格に適合したトレーニングが可能になります、手首の微妙なひねり具合や、グリップの位置などでも筋肉の収縮の度合いは変わってくるので、フリーウエイトはそう言った面でも優れていると言えます。

スポーツや日常動作では様々な筋肉が使われているため、フリーウエイトでトレーニングを行った方が、より人間の動きに近い機能的な筋肉を作ることが可能です。

 

フリーウエイトのデメリット

フリーウエイトだと対象となる筋肉にピンポイントで効かせることがなかなか難しい面があります。また、マシーンよりも複数の筋肉を使い、加えて関節の可動域が広くなるため、怪我のリスクも高くなってきます。

身体の軸を安定させないとうまく力が発揮できないので、本来の力が発揮できない為に十分に追い込んだトレーニングをするのが難しくなってしまいがちです。

プレートを付け替える手間があることや、普通のフィットネスジムではフリーウエイトを使ったトレーニングを教えてくれるインストラクターが少ないといったこともデメリットとして挙げられるでしょう。

 

マシーンのメリット

最近のマシーンは人間工学にもとづいて設計されているものが多いため、より自然な動作でトレーニングを行うことが可能になっています。また、軌道が安定するためフリーウエイトよりも、より重い重量を扱うことが可能です。

軌道が制限されているため対象となる筋肉にピンポイントで効かせることが出来ます。また、怪我のリスクが少なく、マニュアルも完備されているため、初心者でも簡単にトレーニングを始めることが出来ます。

プレートを付け替える手間が無いため、重量の設定が簡単にできます。ドロップセットなどの重量を落としながら行うトレーニングも簡単にできますし、トレーニング時間の短縮にもなります。

 

マシーンのデメリット

マシーンだと対象となる筋肉にピンポイントで効かせることが事が出来ますが、反面、体幹部の筋肉や補助的な筋肉はあまり動員されないので、身体の機能力の向上はあまり期待できません。

可動域が制限されるため、筋肉の付き方や骨格に合わせた自由なトレーニングが難しく、体格によっては全く筋肉に刺激が入らない場合があります。

ジムによっては、マシーンの数が各部位で一台ずつしかない為、人気のあるマシーンは時間帯によっては順番待ちになってしまうことがあります。

 

 

まとめ

フリーウエイトとマシーンそれぞれのメリット、デメリットを紹介しましたが、より効果的に筋肉を付けていきたいならフリーウエイトを利用した方がよいでしょう。フリーウエイトは筋肉のサイズアップや筋力の増加にも大きく貢献してくれます。

勿論、マシーンにもフリーウエイトにはない効果的な面もたくさんある為、初心者の場合、まずはマシーンで筋肉を刺激する感覚をつかんだら、フリーウエイトを使ったトレーニングに徐々に移行していくのが有効だと考えられます。

どちらも上手に活用して、しっかりと筋肉を刺激することが逞しい身体を作り上げるためには必要不可欠なのです。

 - 筋トレ

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ダイエットでモテる!?タイプ別筋トレ法

秋も深まり、アウトドアを楽しむにはツライ寒さになってきましたね。ですが、そんな秋 …

BCAAが筋肉の損傷を軽減する

タンパク質は体内に吸収されるとアミノ酸に分解されます、このアミノ酸は単に筋肉を作 …

身体機能の向上に役立つスーパーフルーツ

スーパーフルーツの一つである「アロニア」にはアントシアニンなどのポリフェノールが …

高回数トレーニングも筋肥大に効果的!?

筋肉を大きく太くするためには8~10回程度、最大挙上重量の65~85%程度の負荷 …

弱点のボディパーツを克服するには?

薄着の季節になり体の露出がふえてきた今日、男性の皆さんなら、もっと胸板を厚くした …

関節痛の軽減、予防にはグルコサミン

グルコサミンは軟骨組織を構成しており、軟骨が分解されるのを防ぎ、すり減った軟骨を …

男性ホルモンを活性化させる理想のオイル

糖質、タンパク質、脂質のなかでホルモンのバランスをコントロールするのに最も重要な …

腕立て伏せで胸の筋肉を大きくするためのちょっとしたコツ

男性なら誰しもが胸の筋肉を大きくすることに、あこがれを抱いている方が多いと思いま …

筋肉の成長を促進させるジャイアントセット法

日々トレーニングに励んでいる方なら一度は耳にしたことがある「ジャイアントセット法 …

ふくらはぎを効果的に鍛えるには?

夏に向けて筋トレに励んでいる方も多いと思いますが、上半身ばかり鍛えて下半身のトレ …