アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

チアシードはダイエットの強い味方

   

004301_3最近話題になっているスーパーフードと呼ばれる食材ですが、いろいろな種類があってどれを食べたらいいのか分からなくなっっている人もいると思います。スーパーフードと呼ばれる食材はどれも栄養価が高く、健康に良いとされていますが、その分意外とカロリーも高く食べ過ぎてしまうとダイエットには逆効果になってしまいます。そんなスーパーフードの中でもダイエットに適している「チアシード」ご紹介します。

 

チアシードとは?

チアシードは海外セレブの間でも注目されている食品です。南米原産の、シソ科サルビア属の植物チアの種で、見かけはゴマよりも少し小さく、1ミリ位の大きさです。古代のマヤ族、アステカ族も食べていたというチアシードは、奇跡の食材とも呼ばれています。

その呼び方の理由は、なんといっても多くの栄養素を含むことにあります。タンパク質、カルシウム、カリウム、リン、鉄、亜鉛、マグネシウム、ビタミンBなどを含み,食物繊維も豊富です。また、オメガ3脂肪酸(α―リノレン酸)の含有量は話題のエゴマより多いとも言われています。そして8種類もの必須アミノ酸も含んでいます。まさに奇跡と言っていいほどの栄養素を含んでいるのです。

 

チアシードのダイエット効果

このチアシードがなぜダイエットに効果的かというと、水を含むと約15.4倍にも膨らみ、グルコマンナンというこんにゃくと同じ成分を形成するからです。膨らんだチアシードを食べると満腹感を感じ、お腹がすきにくくなります。食物繊維が豊富なこととグルコマンナンの効果で便秘解消にもなりますから、ダイエットには最適だと言えます。

ただ注意点としては、チアシードは100gで534キロカロリーあります。これはごはん役二杯分にあたるカロリーですので、ダイエットにいいからといってやみくもに食べるとかえって太ってしまう結果になります。一日10g程度(大さじ1杯)くらいが適量ではないでしょうか。人によっては食べ過ぎるとお腹が緩くなる場合もあるようです。基本はバランスのとれた食事を三度とり、それにプラスしてチアシードを使う方法がいいでしょう。

 

チアシードの食べ方

チアシードの食べ方はさまざまなレシピがありますが、かならず10分程度、10倍の水に浸してから使うようにします。種も回りがゼリー状になり、種のプチプチ感を楽しめます。ヨーグルトやスムージーと混ぜる、サラダにかける、シリアルにかけたり、パンケーキに練りこんで焼いて朝食にいただくのが手軽で栄養も取れる方法です。

 - ダイエット, 栄養学

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

正しいケトジェニックダイエットの方法

「ケトジェニックダイエット」とは糖質を制限することで摂取エネルギーを減らし、脂肪 …

カフェインの効果的な摂取方法

日頃からコーヒーや緑茶、紅茶などを飲む人は多いと思いますが、それらの飲み物にはカ …

白米を食べても太らない為のちょっとしたコツ

糖質制限ダイエットが流行り、糖質は太る原因だというイメージを持っていませんか。し …

糖質オフダイエットで気をつけたい3つの事

30代頃から新陳代謝が徐々に低下することで、お腹周りに脂肪がつきやすくなります。 …

甘いけど大丈夫?はちみつのダイエット効果

甘いものは太るというイメージがありませんか。甘いものは好きだけれど、太るからダイ …

東京五輪でも注目のボルダリングのダイエット効果!

東京五輪でも採用が期待されている注目のボルダリング。知らない人もいるかもしれませ …

ジャンピングスクワットで筋肉の代謝を上げよう!

ダイエットを行う上で重要なのは食事制限と運動ですが、ただ食事制限を行っていても筋 …

有酸素運動VS筋トレどっちがダイエットに効果的?

ダイエットをしている人においては、運動する方法として有酸素運動がメインであると考 …

水太りを解消するための5つの事

女性だけではなく男性も気になるのが「むくみ」です。お酒を飲んだ次の日や、仕事終わ …

大豆製品のダイエットと健康効果

大豆は日本人が古くから利用してきた食品です。味噌、ゆば、納豆、豆腐、醤油など日本 …