アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

ミオスタチンを操作して自在に筋肉を作ることが可能に!?

   

ミオスタチン筋肉を太く、強くするためにはハードなトレーニングと適切な栄養摂取が欠かせません。それに加えて体内のホルモンのバランスも筋肥大には重要な役割を担っています。代表的な物に、テストステロン、成長ホルモン、インスリンなどがありますが、これらのホルモンはトレーニングによって損傷した筋肉を回復させ、より強い筋肉を作り上げる役割があります。

しかし人間の身体はうまくできているもので、トレーニングと栄養摂取が適切に行われていても疲労やオーバーワーク、ストレスによって筋肉が失われてしまう場合があります。この筋肉の成長を阻害する物質が「ミオスタチン」なのです。

 

筋肉の成長を阻害するミオスタチン

身体に疲労が溜まったり、ストレスなどの影響で筋肉が分解されてしまうことがあります。この分解を出来るだけ抑制できれば筋肉は無尽蔵に発達していくことになります。この筋肉が分解されてしまうような状態を「カタボリズム」といいますが、ミオスタチンはこのカタボリズムに最も関与している物質なのです。

トレーニングを継続していてもなかなか筋肉が発達しない人もいれば、1、2年の間に10キロ以上筋肉を増加させてしまう人もいます。なかなか筋肉の発達が得られない人は体内のミオスタチンのレベルが高いことが研究によりわかってきています。

ミオスタチンによるカタボリックの影響は凄まじいもので、生まれつきミオスタチンが欠如している動物は「ダブルマッスル」という状態になり、通常の筋肉量よりもはるかに多くの筋肉に覆われた身体を持っているのです。ベルギー原産のベルジャンブル―という牛や、ブリーウィペットという犬種の犬が生まれつきミオスタチンが欠如していて、明らかにほかの種類の動物たちに比べ筋肉が隆起しています。

人間にもミオスタチンが生まれつき欠如している人もいて、まだ4~5歳ぐらいでボディビルダーの様な筋骨隆々の身体をもっている人がいるのを、テレビやインターネットなどで見たことがある人も居るでしょう。

 

ミオスタチンを阻害する物質とは?

ミオスタチンが発見されたのは1997年の事で、それ以来研究者たちは筋肉の発達に貢献するミオスタチンの抑制物資を研究し続けてきました。最初にミオスタチンの抑制物質を発見したのはカーロン・コーカー博士という人物で、受精卵から安定的にミオスタチンの抑制物質を抽出することに成功しました。

この物質は「MyoT12」と名付けられました。ミオスタチンの抑制物質であるMyoT12は、化学的に合成されたものではなく、自然界に存在する物質で、その後も臨床試験が幾度も行われ、MyoT12が人の体内のミオスタチンの量を12~18時間以内で平均46%も抑制していることがわかりました。さらに継続してMyoT12を投与し続けたところ、被験者は100%ミオスタチンを制御することが出来ました。

さらに新しい研究によると、被験者となったアスリートたちに12週間の間ミオスタチンの抑制物質を摂取してもらった結果、平均して3.6キロも筋肉の量が増えていることが判明し、体つきもさらに逞しく成長したそうです。

 

現在もミオスタチンの抑制物質の研究は進められており、さらに効果の高い新薬も製造されています。近い将来ハードなトレーニングや食事制限を行わなくても、誰でも理想の筋肉を身に付けることが可能になるかもしれませんね。

 

引用:IRONMAN 2015 10 no304

 - 筋トレ

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

減量期の筋量を保つための効果的なサプリメント

もしも、あなたが筋肉の量を最大限に残しつつ、脂肪を極限まで削り落としたいなら減量 …

関節痛の軽減、予防にはグルコサミン

グルコサミンは軟骨組織を構成しており、軟骨が分解されるのを防ぎ、すり減った軟骨を …

スランプから抜け出すために必要な事

人間だれしもがスランプに陥ることがあります。今まで順調だったトレーニングで急にウ …

筋肉の成長を促進させるジャイアントセット法

日々トレーニングに励んでいる方なら一度は耳にしたことがある「ジャイアントセット法 …

デッドリフトの効果を最大限に引き出す

全身の筋肉を強烈に刺激できる種目と言えば、トレーニングの王様と言われるスクワット …

女性らしい美脚を作り出すためのコツ

女性の体のパーツの中で露出が多いのが脚ですが、この脚を鍛えることで、同性にも異性 …

身体機能の向上に役立つスーパーフルーツ

スーパーフルーツの一つである「アロニア」にはアントシアニンなどのポリフェノールが …

成長ホルモンの効果は?

最近トレーニングやダイエット関係の話題で何かと取り上げられているのが「成長ホルモ …

フリーウエイト対マシーン筋トレに有効なのは?

ジムでトレーニングを行っている人の場合、フリーウエイトとマシーンのどちらで鍛えた …

身体の歪みを改善する方法は?

現在ダイエットやフィットネス業界で注目されているテーマに「身体の歪み」の改善とう …