アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

肥満遺伝子BMAL1でダイエットを征す!!

   

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s夜遅く食事をすると太りやすいとよく言われます。逆に、朝食にスイーツを食べるダイエット法があります。この「いつ食べると太る」という話には、体内時計が関係していることをご存知ですか?

生活のリズムを調えるために働くたんぱく質を「BMAL1(ビーマルワン)」と言います。これが体内時計を正常に保つ役割と、脂肪を蓄積する役割を司っているのです。BMAL1を征する者はダイエットを征す! ということで、たんぱく質BMAL1について探ってみたいと思います。

 

【BMAL1って何?】

BMAL1は、時計遺伝子です。遺伝子と結合しているたんぱく質で、体内時計を正常に保つために働いています。朝は目覚め、夜は眠るというリズムをこれが司っているわけです。

そんな重要な役割を担うBMAL1ですが、「肥満遺伝子」と呼ばれることもあるんです。その理由はBMAL1には脂肪を蓄える力があるからです。人は昼間に活動するので、取り入れた栄養分をエネルギーとして使います。夜眠りに就くと、活動していないうちに栄養分を脂肪として蓄えておこうとします。

つまり時間によって、栄養分の使い方をコントロールしているわけです。と言うことは、BMAL1が肥満遺伝子になるのは、就寝中だけと言うことになります。脂肪が蓄積されるかそうでないかは、BMAL1の量で決まります。活動している昼間のうちでも、14時から15時ごろになると、BMAL1の数が最も減少します。
この時間は食べても太らない時間と言われています。逆に22時から2時の間は、BMAL1が最も増える時間帯なので、食べただけ太る時間ということになります。

 

【BMAL1を敵に回す生活とは?】

あなたは、こんな生活をしていませんか?

○夕食の時間が遅い
○夜食を食べる習慣がある
○夜遅くまで起きている
○朝はゆっくり寝ていたい
○生活のリズムが不規則だ

この項目に1つでも当てはまったあなたは、BMAL1を敵に回しているかもしれません。
まさに脂肪を蓄えやすい生活をしていることになります。食べる時間が22時以降だと、BMAL1の活動期なので、脂肪が生成されてしまうわけです。

では、夜更かしや朝寝坊がなぜBMAL1を敵に回すことになるのでしょう?それはBMAL1が時計遺伝子だからです。人は朝日を浴びることで朝の訪れを察知し目覚めるものです。夜更かししていつまでも寝ていては、身体が目覚めたことになりません。

BMAL1は朝日を浴びることで減少すると言われています。夜のうちに増えた数が、朝活動を始めるために減少するわけですから、朝がきちんとやって来ないと、BMAL1は減少しません。本来ならば昼間の活動のために使われるはずの栄養分が、不規則な生活によって脂肪になってしまうのです。

 

【BMAL1をダイエットの味方につける方法】

まずは、日の出と共に目覚める!と言うとちょっとオーバーですが、いつも同じ時間に起きて朝日を浴びましょう。朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、毎日のリズムが調います。ここでBMAL1をしっかり減少させておきましょう。朝食と昼食はしっかり食べ、おやつを食べるなら、14時から15時頃がベストです。食べても太らない時間を狙いましょう。

18時を過ぎると、BMAL1は増加し始めると言われていますので、夕食はできれば18時に済ませてしまうのが理想です。夕食でカロリーを取り過ぎると、その分脂肪として蓄えられる量が多くなってしまいます。
炭水化物抜きダイエットをするなら、夕食がチャンスです。夕食後は間食せずに寝てしまうのが良いのですが、食べた後すぐの就寝は良くありません。胃に食べ物が残った状態で寝てしまうと、消化のために力を使うので、良質な睡眠の妨げになります。

 

【まとめ】

ダイエットといえば、食事制限や運動というイメージがありましたが、生活のリズムを整えることも、脂肪を溜め込まないポイントだったんですね。食べても太らない時間と、食べただけ太る時間。これをしっかりおさえておきましょう。

BMAL1の特徴から考えると、カロリーの高い食事が許されるのは昼食ということになりそうです。一般的には、1番豪華なのは夕食だと思いますが、これは良くない習慣なのです。豪華ランチにカロリーOFFの早めの夕食が、ダイエットを成功させるカギのようです。

 - ダイエット

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

正しいケトジェニックダイエットの方法

「ケトジェニックダイエット」とは糖質を制限することで摂取エネルギーを減らし、脂肪 …

男性にオススメしたいダイエット法

社会人になると運動をしなくなり、またお酒の付き合いが必ず増えるためどうしても体重 …

グレープフルーツはダイエット効果が満載の果物

果物がダイエットに適しているのはご存知の方も多いと思いますが、そのなかでも特にダ …

体幹トレーニングによるダイエット

ダイエットのための運動方法・スポーツは様々ありますが、いずれも原則は「運動エネル …

夜バナナダイエットでやせる理由

バナナはダイエットや筋トレに効果的な果物であるということが公表されてから、ずいぶ …

モテる男になるためのダイエット方法

日本が肉食を主食にするようになって当たり前の時代です。ファストフードが典型的で、 …

メタボ解消に役立つサプリメント

メタボは健康に悪いですし、お腹がぽっこりと出てしまってカッコ悪くなってしまいます …

納豆を食べてプチ糖質オフダイエット

ダイエットの基本は「消費カロリー以内に、摂取カロリーを抑える」という事です。具体 …

トマトがダイエットによい3つの理由

トマトがダイエットによいと一時期ブームになりました。しかし、トマトにはダイエット …

自宅でお手軽10分で終わる氷風呂ダイエット

氷風呂ダイエットというダイエット法ををご存知でしょうか。その名の通り、氷並みの冷 …