アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

効果的なバルクアップ・プログラム

   

73ba8aa70fff638a264861b796dfbdaaジムに行く目的は人それぞれですが、多くの人がより大きく、機能的な筋肉をつけたいと考えているでしょう。体脂肪が少なく、きれいなカットが生まれるような肉体にするためには、オフシーズンに効率よくバルクアップをはかっていく必要があります。今回は出来るだけ体脂肪を増やさずに、効率よく筋肉を増量するバルクアップ・プログラムをご紹介します。

 

肉体のサイズの区分

人間の身体は体脂肪を含めたサイズと、筋肉のみのサイズ、2種類があります。大切なのは筋肉のみのサイズを増やすことですが、体脂肪を適切に増やしていくことは、より厚みのある大きな肉体に見せることが出来ます。適切に体脂肪を増やすことによって、ある程度の身体のシェイプを保つこともできますし、オンシーズンにダイエットをする際、急激にサイズが小さくなっていくことも避けられます。

こうした効果を得るために必要なのが、体脂肪を減らすのではなく、筋量とともに適度に体脂肪を増やしていくプログラムを組んでいくことです。たいていの人が体脂肪の増加を恐れて、思うように食事を摂れず、効果的に筋量の増加をはかれなかったり、オフシーズンになると気が抜けて食べ過ぎて脂肪をつけすぎてしまう。このどちらかに陥ってしまいがちです。

この過ちを避けるためには筋量を増やしていく過程で、適度に体脂肪をつけていく必要があります。「筋肉を増やしながら体脂肪を減らせればいいのに、、、」と誰しもが思いますが、これはあまり現実的ではありません。

 

体脂肪増加の目安

このプログラムでは体脂肪を落とさずに、適切に体脂肪を増やしていく必要があります。そのためには脂肪燃焼効果の高いサーキットトレーニングや、インターバルトレーニングなどは行いません。意図的にトレーニングプログラムを減らすとともに、摂取する炭水化物の量を増やします。体重が70キロ前後の人であれば炭水化物の量を100g(400キロカロリー)増やします。それ以上に体重が軽い人や、もともと体脂肪が20%以上ある人は無理に炭水化物の量を増やす必要はありません。

炭水化物の摂取は出来るだけ朝、昼の時間帯にとるようにして夜遅い時間帯に摂取するのは控えましょう。体脂肪は12~16%ぐらいの増加にとどめておき、腹筋が完全に見えなくなるような過度な増量は避けましょう。

脂質とタンパク質の割合はダイエットするときとあまり変わらないようにキープしていくことで、オンシーズンに減量するときの急激なサイズダウンが避けられます。あくまでも摂取カロリーは炭水化物の量でコントロールするように心がけましょう。

 

筋量を増やすトレーニング

筋量アップを最も効率的に達成する為には、どのぐらいのレップ数で、どれだけの頻度で行うかという事が重要になってきます。筋量を効率よく増やしていくためには最大筋力を高め、より重いウエイトを挙げ、頻度を減らし身体を十分に回復させることがポイントになってきます。

レップ数については、10レップというのが筋量を増やしていく一つの目安になりますが、オフシーズンの時は6~8レップ数4~5セット行うというのが、ベストな方法だと考えられます。このやり方だと、適切なカロリー摂取と組み合わせることによって、最大筋力、筋量ともに増加できる可能性が高いと考えられます。

夏も終盤に近づき、ダイエットも一区切りついた人も多いのではないでしょうか。来年の夏に向けてオフシーズンにしっかりとバルクアップをはかって、理想的な身体作りを目指していきましょう。

 - 筋トレ

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

「プロテイン」をおすすめする理由

ダイエットの基本はやはり食事制限です。カロリーが低い食材をたくさん食べる方法と、 …

筋肉痛を出来るだけ抑えるためには?

トレーニングをしたことがある人なら誰でも体験したことのある筋肉痛。翌日、翌々日と …

弱点のボディパーツを克服するには?

薄着の季節になり体の露出がふえてきた今日、男性の皆さんなら、もっと胸板を厚くした …

自宅でできる!女性にオススメしたい筋トレ法

近年ジムに行って身体を鍛える女性の数が多くなってきました。しかし、ジムに行くのは …

トレーニング前は食事をしない方が効果的!?

トレーニングをしている方なら、トレーニング前にプロテインを飲んだり、糖質を含む軽 …

クロスフィットでで脂肪を燃焼!

体脂肪を燃焼する為には食事の管理と有酸素運動が欠かせません。しかし、有酸素運動は …

トレーニングに変化をつけて停滞期を突破しよう

トレーニングを真面目に続けている人なら、だれでも1度や2度停滞期(プラトー)を経 …

体幹トレーニングを見直そう

巷ではすっかりお馴染みになった体幹トレーニングですが、正しい認識でトレーニングで …

デッドリフトの効果を最大限に引き出す

全身の筋肉を強烈に刺激できる種目と言えば、トレーニングの王様と言われるスクワット …

ウエイトトレーニングの基本

良い身体を作るのに大事なのは、トレーニング、栄養、休息の3つです。トレーニングだ …