アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

トレーニング前に摂取したい8つのサプリメント

   

わーくおうと日々トレーニングに励んでいる人なら、少しでも多くの筋肉をつけて、脂肪は出来るだけつけないようにと考えているはずです。プロテインやBCAAなどのアミノ酸は何となく摂取していても、その他のサプリメントはほとんど摂取していないという人も多いのではないでしょうか?今回はトレーニング前に摂取することで筋肉の成長を最大限に引き出してくれる8つサプリメントをご紹介します。

 

カフェイン

カフェインは集中力を高め、エネルギーと瞬発力を向上させてくれます。脂肪燃焼効果もあるため多くのワークアウトサプリメントに配合されています。

 

チロシン

チロシンはカフェインと同じように集中力を高め、気分を向上させてくれます。ドーパミンやエピネフリン、甲状腺ホルモンなどのホルモンの生成を高めたり、神経伝達物質の活性化にも貢献します。

 

アルギニン

アルギニンは一酸化窒素の生成を高め、血流を改善させてくれます。血流がよくなると、より多くの酸素や栄養素が筋肉中に取り込まれるので、筋肉の成長を促進し、筋肉痛になりにくくしてくれます。

 

シトルリン

シトルリンはアルギニンよりも効率よく一酸化窒素を生成してくれる可能性があることが、最近の研究によって明らかになりました。また、アルギニンとシトルリンどちらか単体で摂取するよりも同時に摂取する方がより効果的であるという事から、NO系(一酸化窒素)サプリメントには必ずと言っていいほど含まれている成分です。

 

アグマチン

比較的新しいサプリメントですが、アグマチンも体内の一酸化窒素生成に貢献してくれます。インスリンの分泌量も増やしてくれるので、タンパク質の合成効果を向上させ、疲労回復などにも効果があります。

 

βーアラニン

体内のカルノシン(βーアラニンとヒスチジンの化合物)のレベルを高めることによって、最大筋力、筋持久力ともに向上させてくれるアミノ酸の一種です。

 

クレアチン

クレアチンには効果的に筋肉に水分を取り入れ、痛みの軽減や、筋力の向上に貢献し、長時間のウエイトトレーニングを可能にしてくれます。以前は効果を発揮するまでにローディング期間が必要だったクレアチンですが、最近ではローディングの必要が無いものも数多く出回るようになって、選択肢の幅が広がりました。

 

コルディセプス(冬虫夏草)

聞き慣れないサプリメントですが、こちらはチベット原産のキノコの一種で、P(アデノシン三リン酸)の生成を高めることにより、瞬発系の最大筋力を向上させてくれます。高重量を扱うトレーニングや、ウエイトリフティングなどをする人に好んで使われるサプリメントです。

 

これらすべてのサプリメントを使おうとするのではなく、自分に合ったサプリメントを上手に活用することで、より高いレベルの肉体を手に入れることが可能になるでしょう。

 

引用;Muscle&Fitness 2014 04

 - サプリメント, 筋トレ

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

「プロテイン」をおすすめする理由

ダイエットの基本はやはり食事制限です。カロリーが低い食材をたくさん食べる方法と、 …

筋肉の減少を抑えるサプリメント

過酷な減量が必要なスポーツでは、ダイエットにより多くの筋肉が失われてしまいます。 …

秋から引き締め!簡単で続けられる、効果的なエクササイズ

気温が下がる秋から冬にかけては、体の引き締めやダイエットに最適な季節です。ダイエ …

デッドリフトの効果を最大限に引き出す

全身の筋肉を強烈に刺激できる種目と言えば、トレーニングの王様と言われるスクワット …

腕立て伏せで胸の筋肉を大きくするためのちょっとしたコツ

男性なら誰しもが胸の筋肉を大きくすることに、あこがれを抱いている方が多いと思いま …

脂肪燃焼を促進させるには筋肉の使い方が重要

筋肉を動かして、脂肪燃焼効果を効率よく引き出すには筋肉をいかに動かせるかがポイン …

運動の効果を高めてくれるサプリメント

ダイエットのために運動やスポーツに励むというのは、素晴らしいことです。でもどうせ …

自宅でできる!女性にオススメしたい筋トレ法

近年ジムに行って身体を鍛える女性の数が多くなってきました。しかし、ジムに行くのは …

筋肉の成長を促進させるジャイアントセット法

日々トレーニングに励んでいる方なら一度は耳にしたことがある「ジャイアントセット法 …

低レップVS高レップどちらが筋肥大に効果的?

どれだけのレップ数でどれだけのセットをこなすかという問題は、何十年にもわたり筋肉 …