アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

トレーニング前は食事をしない方が効果的!?

   

images (2)トレーニングをしている方なら、トレーニング前にプロテインを飲んだり、糖質を含む軽い食事をしてトレーニングに望まれる方が多いと思います。しかし、最近の研究ではトレーニング前の食事は取らない方が、よりアナボリックな状態になりやすい事が判明してきています。

 

絶食がトレーニングの効果を高める

最近の研究では、トレーニングの1時間前にたんぱく質と糖質を含む軽食をとったグループと、トレーニング前の1時間は何も食事をとらないグループを比較して行われました。すると軽食をとらなかったグループが軽食をとったグループに比べ、成長ホルモンの分泌とたんぱく質の合成がともに高まるという研究結果が証明されたのです。

 

食事はトレーニングの4時間前

この研究で明らかになったベストな食事のタイミングは、トレーニングの4時間前に豊富な炭水化物とたんぱく質を含む食事をとるということでした。時間が早すぎても遅すぎてもいけません。トレーニングの4時間前までに食事を済ませれば、トレーニング中に最大限のアナボリック環境が作り出されるというものです。

 

トレーニング中はBCAAの摂取を

ともあれ、高強度なトレーニングを行っていれば当然筋肉の疲労は避けられません。食事をとらないことでトレーニングの質を落とさないためにも、トレーニング中はこまめにBCAAの摂取を行いましょう。BCAAを摂取することで、筋肉の疲労が軽減され、食事をとらなくても高強度なトレーニングが可能です。3~5gほどのBCAAをトレーニング中に摂取するのが理想です。

 

トレーニング後は速やかな栄養摂取を

食事をとらないでトレーニングをすることで、トレーニング後はよりアナボリックな状態が作り出されています。筋肉の合成を加速させるためにも、速やかに栄養を摂取しましょう。通常のプロテインに加え、20g程度の糖質を含めましょう。マルトデキストリンなどの高GIな物がオススメです。こうする事でインスリンの分泌が加速され、損傷した筋肉に速やかに栄養が行き届くようになります。

 

 - 筋トレ

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

身体機能の向上に役立つスーパーフルーツ

スーパーフルーツの一つである「アロニア」にはアントシアニンなどのポリフェノールが …

ウエイトトレーニングの基本

良い身体を作るのに大事なのは、トレーニング、栄養、休息の3つです。トレーニングだ …

弱点のボディパーツを克服するには?

薄着の季節になり体の露出がふえてきた今日、男性の皆さんなら、もっと胸板を厚くした …

分厚い胸板を手に入れる方法

男性ならだれでも憧れのある厚い胸板。これからトレーニングを始めようとする方でも、 …

高回数トレーニングも筋肥大に効果的!?

筋肉を大きく太くするためには8~10回程度、最大挙上重量の65~85%程度の負荷 …

スロー筋トレで引き締まった身体を手に入れよう

ダイエットは食事制限と運動が必要です。仕事の合間に食事は制限できても運動はなかな …

男性ホルモンを活性化させる理想のオイル

糖質、タンパク質、脂質のなかでホルモンのバランスをコントロールするのに最も重要な …

関節痛の軽減、予防にはグルコサミン

グルコサミンは軟骨組織を構成しており、軟骨が分解されるのを防ぎ、すり減った軟骨を …

太くてかっこいい腕を作るポイント

男性ならTシャツから見える太くて格好いい腕に憧れますよね?しかし、腕の筋肉には発 …

ダイエットと筋肉量UPの原則

筋トレに励む多くの人が、筋肉を増やしながら、効率よく脂肪を減らしたいと考えている …