アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

リバウンドを防ぐダイエット食の王道

   

a0002_010145ダイエットしたいけどうまくいかない、あれこれ試してみたが長続きしないという方は多いのではないでしょうか?
どんな方法であれ、ダイエットを成功させるに当たっての重要なポイントは次の2点です。

1 健康体を作ることを目標にする
2 リバウンドさせない

食事の制限でダイエットを目指す「・・・ダイエット」というパターン(例えば、りんごダイエット)は、常に新しいものが出てきますが、これらの方法で実際に成功して、そのまま維持している方は少ないです。それは、先ほど挙げた2つのポイントが押さえられていないケースが大半です。そこで、確実にダイエットを進めるための食事制限を紹介します。

ポイント①:油を徹底的にカットする

ダイエットが必要な人は、基本的に体脂肪率が高い方です。従って、「ダイエット=体脂肪を減らす」ことになります。
そのためには油摂取の代表である「揚げ物、スナック菓子、マヨネーズの禁止」を徹底しましょう。これにより、脂肪分の補充がなくなりますので、日常生活をしているだけで、確実に体内脂肪は燃焼されます。
さらに油カットができる余裕ができたならば、牛肉・豚肉を止めて、脂肪分の少ない「鶏むね肉」だけを食べるようにします。もちろん、揚げ物はNGです。鶏もも肉を使いたい場合は、皮を剥ぎ取って食べれば、鶏むね肉に近いものとなります。

ポイント②:炭水化物を減らす

炭水化物は体の直接的なエネルギー源である為、摂取しないと集中力の低下などをまねき、日常生活に支障が出ます。従って、お米やパンは必要最低限の範囲内で、摂取量を減らしましょう。

ポイント③:間食で空腹感を和らげる

「3時のおやつ」で100キロカロリー程度の間食をすれば、空腹感が少なくなり、夕食でのドカ食いが予防できます。できれば咀嚼が多く必要で満腹感も得られるもの(例えば、煎り大豆、イリコなど)が望ましいです。

ポイント④:タンパク質の摂取

基礎代謝をあげて、リバウンドしにくいダイエットにするためには、筋肉を多くする必要があります。運動は勿論ですが、それと共にタンパク質をよく摂取しましょう。具体的には、鶏むね肉(脂肪の少ないタンパク質です)、水煮ツナ、魚肉ソーセージ、大豆などです。筋肉で体をガッチリさせたくない方は、体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛えれば、ガッチリ感のないシュッとした体形になります。また、減量しながら筋力をアップさせるプロテインも市販されていますので、ぜひお試し下さい。

 - ダイエット

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

たっぷり野菜でサラダボウルダイエット

サラダはダイエットによいイメージがあり食べている方も多いと思います。でも、ほとん …

わかめはダイエットに効果的な食材

海藻は低カロリーでダイエットによい食品というのはご存知の方も多いと思います。そん …

日本人に最適!?おにぎりダイエット

日本人の主食といえば米ですよね。そんな日本人にぴったりのダイエットがあります。そ …

ただ寝るだけで痩せる?睡眠の意外なダイエット効果

ダイエットを経験したことがある方なら「明日起きたらスリムになっていないかなぁ」な …

白米を食べても太らない為のちょっとしたコツ

糖質制限ダイエットが流行り、糖質は太る原因だというイメージを持っていませんか。し …

子育て中でも家でもできる!たった3分の簡単エクササイズ

出産をされた方で「産後太り」が気になって外出も億劫だという方も多いと思います。憧 …

ご飯をさつま芋に変えてダイエット

秋も深まり食べ物もおいしい物が増えてきて、油断をしているとお腹の周りに贅肉がたっ …

チアシードはダイエットの強い味方

最近話題になっているスーパーフードと呼ばれる食材ですが、いろいろな種類があってど …

話題のグルテンフリーダイエットって?

最近何かと目につくことの多い「グルテンフリー」の食材。日本では最近話題になり始め …

歩数計で毎日の運動量をチェックしよう

歩くことや走ることは運動の基本です。運動不足解消と健康を兼ねてウオーキングをおこ …