アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

diet&training nutrition

*

成長ホルモンの効果は?

   

deer-antler-drops-healing最近トレーニングやダイエット関係の話題で何かと取り上げられているのが「成長ホルモン」です。身長を伸ばすためのホルモンとして知られていますが、ダイエットや老化防止、筋力UPにも有効と言われています。しかし、具体的にどういった方法で成長ホルモンが分泌され、どのような効果があるのかを理解している人は少ないのではないでしょうか。今回はトレーニングやダイエットの効果を高めてくれる成長ホルモンにいて解説していきます。

 

 

成長ホルモンとは?

成長ホルモン(HGH)とは脳下垂体という脳の下の方にある豆粒ほどの大きさの器官で分泌されます。一般的に身長を伸ばすホルモンとして知られていますが、もう一つ重要な役割に「代謝をコントロールする」という機能があります。肝臓や筋肉、脂肪細胞などの代謝を活性化する働きがあるので、この点がダイエットや筋トレに有効と言われる所以です。

一般的に成長ホルモンは思春期をピークに、20代中ごろから徐々に減少し始めるので、運動やサプリメントなどで分泌を促進する必要があります。

 

 

成長ホルモンが減るとどうなるの?

加齢によって徐々に失われる成長ホルモンですが、分泌が減ると様々な問題が起こります。この現象は「ソマトポーズ」と呼ばれ、更年期障害や、中年太り、骨密度の低下、コレステロールの異常、皮膚のかさつき、冷え性など、加齢によって発生する問題のほとんどが成長ホルモンの不足とも言えるのです。

 

 

成長ホルモンを増やす方法

成長ホルモンはクリニックなどで直接注射してもらう方法もありますが、自己分泌を促進する手段として筋力トレーニングがあります。トレーニングで成長ホルモンの分泌を促進させるには、エアロビクスや体幹トレーニングではなく、バーベルやダンベルを使ったウエイトトレーニングが有効なのです。中でもスクワットなどの足のトレーニングではトレーニング後の成長ホルモンの数値が約300倍に増えると言ったデータもあり、家でできる簡単なエクササイズより、ジムなどで本格的に行うトレーニングの方が成長ホルモンを高める可能性があるのです。

もう一つ成長ホルモンを増やす方法として睡眠が挙げられます。昔から「寝る子は育つ」と言われていますが、成長ホルモンは寝ている間に分泌が増えるので、夜10時から12時ぐらいの間には床に入って、7時間~9時間程度は睡眠をとるようにしましょう。特に10代の頃は睡眠がしっかりとれていないと成長の遅れや、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなるので早めの就寝を心掛けましょう。

 

その他にも成長ホルモンは怪我の回復を早めたり、バストアップなどの効果もあります。いつまでも若々しく生活するには、しっかり身体を動かして、規則正しい生活をするのが一番なのかもしれませんね。

 - ダイエット, 筋トレ, 美容

てすと

てすと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

酵素ドリンクで置き換えダイエット

最近、ダイエットに効果があると酵素ドリンクの人気が高まっています。とくに男性の中 …

サプリメントに頼らないダイエット方法

現在、ダイエットサプリメントなどの人気はかなりのものです。 しかし、通販などのダ …

小麦をカットしてダイエット成功させよう

パンやパスタ、ラーメン、うどんなど小麦を使った食品は数多く存在します。朝ごはんは …

モテる男になるためのダイエット方法

日本が肉食を主食にするようになって当たり前の時代です。ファストフードが典型的で、 …

筋肉の成長を引き出すオールアウトの原則

筋肉の強度を高め、サイズアップをはかる為には筋肉を限界まで追い込む「オールアウト …

自宅でできる!女性にオススメしたい筋トレ法

近年ジムに行って身体を鍛える女性の数が多くなってきました。しかし、ジムに行くのは …

顔のほうれい線は顔面エクササイズでスッキリ!

顔のほうれい線が気になり、何か対策をしたいとお考えの方も多くいらっしゃいます。笑 …

フルーツ好きにうれしい、朝フルーツでダイエット

男性でも女性でもフルーツが大好きという方は多いはずです。でも、なんとなく甘いし、 …

夜バナナダイエットでやせる理由

バナナはダイエットや筋トレに効果的な果物であるということが公表されてから、ずいぶ …

キウイで体の中からキレイに

フルーツは美肌によい食べ物で毎日食べている方もいるのではないでしょうか。キウイも …